Zapata Computing社とQureca社が、オンラインQCトレーニングコースを発表

両社は、「Quantum Training for Enterprises」と呼ばれるオンラインのセルフペース・ラーニングを提供目的として提携を発表した。内容は、量子コンピューティングの基礎、課題、近い将来起こりうる影響についてである。このコースは、Zapataの役員、科学者、エンジニアが講師を務め、モジュール構成となっており、毎週2時間程度の時間を割いて、3週間ほどで修了することが可能だ。モジュールは、「スタートアップ」「ラップアップ」を含む8つで構成されている。各レッスンの最後には小テストがあり、全て合格した受講者には、修了証書が渡される。


既にZapataの顧客となっている場合、追加料金なしで受講可能だ。また、Zapataの顧客以外の場合も、QurecaのWebサイトから直接登録でき、1,000ポンド(約15.5万円)でコースを利用することができる。


今回のトレーニングコースを発表したニュースリリースは、ZapataのWebサイトから、また、コースの詳細な説明は、QurecaのWebサイトを参照のこと。



※参考


◆Zapata社のニュースリリース

https://www.zapatacomputing.com/news/quantum-training/


◆Quantum Training for Enterprises(Qureca社)

https://platform.qureca.com/courses/quantum-training-for-enterprise/



(翻訳:Hideki Hayashi)

提供:Quantum Computing Report