米国政府が、GlobalFoundriesとPsiQuantumのパートナーシップに2,500万ドル(約31億円)を拠出

 この資金は、米国国防総省(DoD)がNew York州Romeにある空軍研究所(AFRL)を通じて提供される予定だ。研究室は、アメリカ空軍とアメリカ宇宙軍の量子情報科学研究センターとして指定される。

 資金は、PsiQuantumのフォトニック量子コンピュータのコンポーネントを開発・製造するために必要となる、GlobalFoundriesの新設備・機能への追加投資を加速させるために使用されるという。

 資金を提供する両者は、今年度中に資金の大半を提供する予定だが、最終的なスケジュールは、一定のマイルストーンの達成を前提に決定される。


 また、PsiQuantumはAFRLと提携し、量子コンピューティングの能力を向上させていく。

私たちの知る限り、これはPsiQuantumが米国政府機関と結んだ最初のパートナーシップである。QUANTUM BUSINESS MAGAZINEでは、「コラム:PsiQuantumに迫る」という記事において、PsiQuantumの全体的なアプローチと技術についてより詳しい情報を紹介している。


 本資金提供およびAFRLRome研究所の他の量子工学関連資金提供に関する詳細は、米国上院議員Chuck Schumer氏によるニュースリリースを参照。



※参考


◆ニュースリリース

https://www.schumer.senate.gov/newsroom/press-releases/schumer-announces-25-million-for-globalfoundries-and-psiquantum-to-develop-the-next-generation-of-quantum-computers-at-rome-air-force-research-lab-and-malta-campus-fed-funding-will-strengthen-national-security-supercharge-us-technological-competitiveness_ensure-upstate-new-york-continues-to-lead-quantum-technology



(翻訳:Hideki Hayashi)

提供:Quantum Computing Report