StrangeworksとQuantinuumが提携し、エコシステム内で量子強化された暗号鍵を提供開始


Strangeworksという量子プラットフォームの企業が、乱数生成の製品を出しているのは、一見予想に反して見えるかもしれない。しかし実際にStrangeworksは、Quantinuumと提携し、量子強化型暗号鍵(検証可能な量子ランダム性に基づく)サービス Quantinuum Origin を提供している。Quantinuum Origin の特徴は、生成されたすべての鍵は保証テストにかけられ、要求者に送り返される前に、可能な限り予測不可能であることが確認されることだ。この鍵は、現在一般的に使用されているRSAやAESなどの暗号化アルゴリズムで使用することができ、NISTが実施している選定プロセスで標準化される新たな量子暗号(PQC)でも使用可能となっている。攻撃者が容易く推測できる鍵は、サイバーセキュリティ問題の大きな原因の一つだ。量子技術の使用による真にランダムな鍵の生成により、通信の秘密を守りたい組織に安心・安全を提供することができる。


Quantum Originの詳細については、下記のホワイトペーパーで、またQuantinuumとのパートナーシップを発表したStrangeworks提供のニュースリリースは参考から。



※参考


◆Quantum Originの詳細ホワイトペーパー(PDF)

https://assets.website-files.com/617730fbcf7b7c387194556a/61aec98b702f92c006b3fb35_CQ_ORIGIN_BROCHURE.pdf


◆Strangeworks提供のニュースリリース

https://strangeworks.com/newsroom/strangeworks-and-quantinuum-partner-to-integrate-quantum-cryptographic-key-service



(翻訳:Hideki Hayashi)

提供:Quantum Computing Report