SpeQtral社、ベンチャー資金調達で830万ドル(約9.4億円)を獲得

SpeQtral社は、シンガポール国立大学のCQT(Centre for Quantum Technologies)で開発された技術をベースに、宇宙用の商用QKD(量子鍵配送:Quantum Key Distribution)を開発しているシンガポールのベンチャー企業。また、東芝と共同で、東南アジアにおける量子暗号通信ソリューションを推進するプロジェクトも進めている。今回、Xora Innovation社が主導し、TIS Ventures社も参加する830万米ドルの資金調達ラウンドが完了したことを発表した。この資金は、SpeQtralの地域および国際的なプレゼンスの拡大、戦略的なビジネスパートナーシップの確立、優秀な人材の採用、地上システムの商業展開の支援、および衛星ベースのシステムの開発に使用される。

この発表の詳細は、同社のニュースリリースを参照。


※参考

◆SpeQtral社 HP

https://speqtral.space/


◆CQT(Centre for Quantum Technologies) HP

https://www.quantumlah.org/


◆Xora Innovation社 HP

https://xora.vc/


◆TIS Ventures ベンチャーキャピタルの紹介ページ

https://www.crunchbase.com/organization/tis-ventures


(翻訳:Hideki Hayashi)

提供:Quantum Computing Report