SandboxAQとEYが提携し、EYの顧客に量子AIソリューションを提供へ

 先日、エンタープライズSaaS企業として、AlphabetからスピンオフしたSandboxAQ。今回、EY(Ernst & Young LLP)と提携し、エンタープライズ企業向けにソリューションを提供することになった。SandboxAQの実用的なAIおよび量子技術ソリューションと、EYのシステムインテグレーションおよび導入経験を活かしていく。


 SandboxAQは、量子暗号化プラットフォーム、創薬・材料科学開発を加速させるシミュレーション、その他のハイパフォーマンス・コンピューティング・タスクなどの分野で専門的なアプリケーションを提供している。両社が協力することで、それぞれの専門性を生かし、あらゆる業種の企業が抱える複雑な経営課題への対応を支援することを目指す。


 これはEYが、この一週間に発表した量子関連のパートナーシップの2件目だ。数日前には、BTおよび東芝と提携し、ロンドンでQKDネットワーク商業試験の開始を発表している。今回の件は、EYとのパートナーシップを発表したSandboxAQのニュースリリースに詳しい。



(翻訳:Hideki Hayashi)

提供:Quantum Computing Report