D-WaveとDPCMキャピタル:企業統合に関するS-4フォームの提出について

S-4登録届書とは、会社の合併時に米国証券取引委員会から提出を求められるものである。合併承認として行われる株主投票に先立ち、本件に関する予備的な委任状および目論見を提供するものだ。SPAC(特別買収目的会社)であるDPCMキャピタルは、D-Waveとの合併案について本報告書を提出した。


S-4報告書には、2021年のD-Waveの見積もり財務諸表が含まれており、620万ドル(約7.4億円)の収益と、3,150万ドル(37.5億円)の純損失となったことが示されている。さらに、この1年間、研究開発に2,540万ドル(約30億円)を費やし、710万ドル(約85億円)の政府援助を受けたことも示されている。合併取引は、2022年第2四半期に完了する予定だ。その時点でD-Waveは、SPAC株式の償還がないと仮定して2億8000万ドル(約334億円)の現金(SPAC信託から3億ドル、PIPE取引から4,000万ドル、予想取引手数料6,000万ドルを差し引く)を受け取る予定である。


今回の案件は、SPACの現株主が株式を償還しない場合(長期所有により)約500万株のボーナスプールが与えられるという特別な形を取っており、過去のSPAC案件に見られた償還により上場時に会社に提供される現金が減少するという問題を回避することができるかもしれない。


下記の参考に幾つかのリンクを用意する。DPCMキャピタルからのS-4提出に関するお知らせ、S-4提出書類および関連するすべての添付書類のダウンロードリンク、2月の買収発表時に作成された投資家向けプレゼンテーション。これらの情報には、より詳しく知りたい人に向けて、D-Waveの財務に関する詳細な情報がたくさん含まれている。



※参考


◆DPCMキャピタルからのS-4提出に関するお知らせ

https://www.businesswire.com/news/home/20220316005397/en/DPCM-Capital-Announces-Filing-of-Registration-Statement-on-Form-S-4-in-Connection-with-its-Proposed-Business-Combination-with-D-Wave


◆S-4提出書類および関連するすべての添付書類のダウンロードリンク

https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/1907982/000119312522076126/0001193125-22-076126-index.htm


◆2月の買収発表時に作成された投資家向けプレゼンテーション

https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/0001821742/000119312522030489/d254117dex992.htm



(翻訳:Hideki Hayashi)

提供:Quantum Computing Report

タグ: