Rigetti社、40および80量子ビットのプロセッサを発表。さらにDeloitte社、Strangeworks社と提携し量子アプリケーションを捜索

昨年6月に本レポートで、Rigetti社がマルチチップテクノロジーを利用した80量子ビットプロセッサへの取り組みを掲載した。彼らはこのほど、「Rigetti Quantum Cloud Services」を通じてプライベートβ版の提供を開始し、2022年第一四半期には一般提供すると発表した。80量子ビットプロセッサーは「Aspen-M」と呼ばれ、二つの40量子ビットチップの接続で構成されている。マルチチップ実装に対する同社の技術的アプローチについては、Rigetti氏らがarXivの論文で説明してる。他に、彼らが「Aspen-11」と呼ぶ、単一の40qubitチップを利用したプロセッサが一般公開され、AWS Braket、Strangeworks Ecosystem、RigettiのQuantum Cloud Serviceを経由してアクセスできるようになった。

Rigetti氏は、同社のマルチチップアプローチが、量子プロセッサをより大きなサイズにスケールアップする最速の方法を提供している、と考えており、このアプローチの有用性を期待して追っていきたい。


発表に関連して、Deloitte社およびStrangeworks社と協力し、材料シミュレーション、最適化、機械学習の分野で、この技術を利用した応用可能性を探っていると述べた。実際にテストを進めているアプリケーションの例として、株式市場の翌日の終値が高いか低いかを予測する機械学習のタスクや、Aspen-Mシステムで、5分以内に実行可能な65変数最適化問題などを挙げた。これら2つの開発に関するRigetti社の発表は同社HPのニュースリリースを参照。



※参考


◆Rigetti社発表のニュースリリース

https://www.globenewswire.com/news-release/2021/12/15/2352647/0/en/Rigetti-Computing-Announces-Next-Generation-40Q-and-80Q-Quantum-Systems.html