Qunasysが1,000万ドル(約12億円)のシリーズB資金を調達

Qunasysは、東京に本社を置く量子ソフトウェア会社で、量子コンピュータ上で計算化学の計算を行うためのソフトウェアを専門に提供している。同社は昨年、クラウドで利用可能なコンピューティングプラットフォーム「Qamuy(カムイ)」を立ち上げた。シミュレータと実際の量子デバイスの両方で計算を行う量子化学ソフトウェアサービスである。


この資金調達ラウンドは、JIC Venture Growth Investments(VGI)が主導し、他には、ANRT、富士通Ventuers Fund LLC、Global Brain、HPC Systems Inc、STサクセスプログラム、MUFJ Capital、新生Corporate Investment Limited、ゼオン株式会社が参加した。また同時に、ゼオン株式会社、富士通、株式会社HPCシステムズとの業務提携も発表されている。今回の資金調達の一部は、日本国外への事業展開、と欧州での拠点開設に充てられる予定だという。なお、今回の資金調達に関するQunasysの発表は、下記のプレスリリースで確認できる。



※参考


◆Qunasys

https://en.qunasys.com/


◆Qamuy(カムイ)

https://qunasys.com/en/services/qamuy/


◆Qunasysの発表

https://www.prnewswire.com/news-releases/qunasys-raises-10m-in-its-series-b-funding-led-by-vgi-to-expand-overseas-markets-further-as-a-japan-based-quantum-computer-software-startup-301509556.html



(翻訳:Hideki Hayashi)

提供:Quantum Computing Report