Quantum Motion社、ロンドンに新しいラボを開設


[ Quantum Motion Labのオープニングで、ボンドワイヤーの切断を行うロンドンのチーフデジタルオフィサーTheo Blackwell氏

Credit: Quantum Motion ]


Quantum Motion社は、ロンドンのイズリントン地区に新規で開発ラボを開設した。同社は、UCL(ユニバーサル・カレッジ・ロンドン)とオックスフォード大学の研究者により設立された量子ハードウェア企業である。新設のラボでは、量子理論、物理学者、集積回路技術者を含む、25人のフルタイムスタッフを雇用する予定だ。同社は、シリコンベースのスピン量子ビットを用いた量子プロセッサを開発しており、株式と助成金で約2,000万ポンド(約31億円)の資金を調達済となっている。


Quantum Motionと、この新しいラボについての詳細は、UCLのWebサイトの記事と、同社Webサイトの記事を参照。



※参考


◆Quantum Motion社

https://quantummotion.tech/


◆UCLのWebサイトの記事

https://www.ucl.ac.uk/news/2022/feb/ucl-quantum-computing-spinout-opens-first-lab


◆Quantum Motion社のWebサイト記事

https://quantummotion.tech/quantum-motion-opens-new-lab-in-london-to-build-scalable-quantum-computing/



(翻訳:Hideki Hayashi)

提供:Quantum Computing Report