QpiAIとQuantrolOxが25量子ビットの量子コンピュータのテストベッド開発でMOUを締結

 今後、両社は共同で本プロセッサを開発し、欧州およびインド市場で提供する予定だ。QpiAIはハードウェアとアプリケーションソフトのプラットフォームを提供し、QuantrolOxは、自動チューニングと特性評価ソフトを提供する。


 QuantrolOxは、イギリスのOxfordとフィンランドのEspooにオフィスを持ち、QpiAIは現在カリフォルニア州MilpitasとインドのBengaluruにオフィスを持ち、さらにフィンランドに新オフィスを開設するようだ。25量子ビットプロセッサは、超伝導技術を基にしているが、QpiAIは最終的にCMOSベースのスピン量子ビットを用いた2048量子ビットマシンを開発する予定になっている。


 この取り組みに関する詳細な情報は、ニュースリリースに詳しい。



(翻訳:Hideki Hayashi)

提供:Quantum Computing Report