QC WareがBpifrance社から150万ドル(約1.9億円)の賞を獲得、ディープラーニングと金融のための量子ソフトウェアAPIを開発

 今回の受賞により、QC Wareは欧州における量子ソフトウェアエコシステムの拡大と、同社のForge Software as a Serviceに統合される、ディープラーニングとファイナンスの2つの新しいAPI開発を推進していく。QC Wareは、この資金を利用して、今後3年以内にパリオフィスで新たに10人のソフトウェア従業員を雇用する予定だ。


 QC WareがBpifranceから受賞したのは、今回が2回目。


 2020年4月、同社は、BPIFranceのConcours d'Innovation i-Novのコンテストの一環として賞を受賞した。Bpifrance(BPIはBanque Publique d'Investissementの頭文字)は、以前はEPIC OSEOとして知られていたフランス政府機関で、起業家の繁栄を支援することによってフランス経済の成長を支持することを使命としている。


 今回の受賞に関するQCウェアのニュースリリースは、こちらを参照。



(翻訳:Hideki Hayashi)

提供:Quantum Computing Report

タグ: