PQShieldが2,000万ドル(約15.5億円)のシリーズA資金を調達

この調達ラウンドは Addition社が主導し、既存投資家の Oxford Science Enterprises(旧 OSI)および Crane(VC) が参加している。


PQShield社は、英国オックスフォードに本社を置き、ポスト量子暗号(PQC)向けのソリューション提供を専門とする企業だ。同社の製品には、SOC暗号(post-quantum System-on-a-Chip)コプロセッサの設計、モバイルおよびサーバー技術用の暗号SDK、メッセージングプラットフォーム、そしてアプリ用のツールキットなどがあり、機密データのプライバシーと長期的な機密保持を保証している。同社は、NISTのポスト量子暗号の標準化プロセスに参加しており、NIST PQCの最終選考に残ったいくつかのアルゴリズムを作成している。現在、英国、米国、フランス、オランダに従業員がおり、今回の資金で年内に従業員数を倍増させる予定だという。今回の資金提供の発表と追加情報は、ニュースリリースを参照。



※参考


◆Addition社

https://addition.com/


◆Oxford Science Enterprises

https://oxfordscienceenterprises.com/


◆Crane

https://crane.vc/


◆PQShield社

https://pqshield.com/


◆PQShield社のニュースリリース

https://pqshield.com/pqshield-raises-20-million-series-a-to-fuel-global-growth/



(翻訳:Hideki Hayashi)

提供:Quantum Computing Report


タグ: