PasqalとQu&Coの合併について


量子技術におけるハードウェアとソフトウェア企業の合併の件。フランスのハードウェア開発会社であるPasqalが、アムステルダムの量子ソフトウェア会社であるQu&Coと合併することを発表した。今後両社は、多くの商業分野において、量子ソリューションを提供するために協力していく。Qu&Coの量子アルゴリズムルーチンと、Pasqalの中性原子量子ハードウェアを密接に統合し、化学、生命科学、自動車、電子機器、公共事業、航空宇宙、防衛、金融などの多くをターゲットに考えている。Georges-Olivier Reymond氏(PasqalのCEO)が、統合会社のCEOに就任し、Benno Broer氏(Qu&Co社のCEO)は、チーフコマーシャルオフィサーに就任する予定である。統合会社は、7カ国で事業展開し、量子関連分野の著名な教授を含む学術顧問団がサポートする予定だ。両社は、ベンチャーファームであるQuantonationとRuna Capitalの投資先企業であった。


Qu&Coは、すでにCovestro、BMW、Airbus、Johnson & Johnson、LGなどの顧客と提携しており、Siemens、Schrödinger Inc、AWSとパートナーシップを結んでいる。他のプラットフォームを使用する顧客に対しても、アプリケーションを引き続きサポートするが、Pasqalの中性原子プロセッサを使用して優れた性能を達成できる場合、一部の顧客をPasqalのプロセッサに切り替える可能性がある。Pasqalは、コードネーム「Fresnel」と呼ばれる100量子ビットプロセッサを準備中で、今四半期中に公開する予定だ。さらに、来年には1,000量子ビットのソリューションを提供する予定を明言している。


この合併を発表したニュースリリースは、Pasqalのウェブサイトに掲載されている。



※参考


◆Pasqal

https://pasqal.io/


◆Qu&Co

https://quandco.com/ja/


◆Quantonation

https://www.quantonation.com/


◆Runa Capital

https://runacap.com/


◆合併発表のニュースリリース

https://pasqal.io/2022/01/11/quantum-startups-pasqal-and-quco-announce-merger-to-leverage-complementary-solutions-for-global-market/



(翻訳:Hideki Hayashi)

提供:Quantum Computing Report

タグ: