Pasqal、Siemens社と共同で量子強化型コンピュータ支援の設計/試験の研究を開始

 Pasqalが、複雑な非線形微分方程式の解法を加速できる、独自の量子手法を開発したことを発表した。自動車、エレクトロニクス、エネルギー、航空宇宙などの分野で、さまざまなシステムのデジタルツインモデルの作成によく使われるものである。バーチャルなデジタルツインプロトタイプを作成することで、新しいデザインがどのように機能するかを理解するための物理的なプロトタイプを構築するよりも、時間とコストを大幅に節約することができる。特徴としては、中性原子プロセッサーを用いたデジタル・アナログ実装において、超伝導量子プロセッサーを用いた場合に比べ、30倍の効率で問題を解くことができるという。そのため古典コンピューティングに基づくソリューションに対し、量子の優位性を実現する可能性が近いうちにあると同社は伝えている。


 このプロジェクトの資金は、Siemens社から全額提供される予定だ。期間は3年半。また、Exeter 大学の学術パートナーも参加している。なお、共同研究に関する詳細な情報は、PasqalのWebサイトに掲載されているニュースリリースを参照。



※参考


◆pasqal

https://pasqal.io/


◆デジタルツインについて

https://en.wikipedia.org/wiki/Digital_twin


◆PasqalのWebサイトのニュースリリース

https://pasqal.io/2022/04/06/siemens-collaborates-with-pasqal-to-research-quantum-applications-in-computer-aided-engineering-simulation-and-testing/



(翻訳:Hideki Hayashi)

提供:Quantum Computing Report

タグ: