Multiverse社、European Innovation Council(欧州イノベーション評議会)から1,250万ユーロ(約16億円)の資金を獲得

Multiverse Computing社(以下Multiverse)は、欧州イノベーション評議会(EIC:European Innovation Council )から、量子ソフトウェア企業に対し初となる資金提供を受けることが決まった。評議会からの資金は、1,000万ユーロ(約12.8億円)の出資と、250万ユーロ(約3.2億円)の助成金で構成されている。Multiverseは、10月に1,000万ユーロ (約12.8億円) のシードラウンドを実施し、8月には主力ソフトウェアの「Singularity」をリリースしている。ポートフォリオ最適化、資本配分、不正検出、リスク管理など、さまざまな財務関連の問題の解決に役立つソフトウェアの提供に注力している。

同社は、現在従業員を35名を擁する欧州最大の量子ソフトウェア企業で、モンテカルロ法による資産評価エンジン、デリバティブ評価機能、金融機関や中央銀行向けの負荷テストツールの開発をさらに進めるために資金の一部を充当する予定だ。また、従業員の増員や、新たな金融市場へ拡大するための資金にも充てられる。

今回の資金調達の詳細については、Multiverseに関するニュースリリースに詳しい。



※参考


◆European Innovation Council

https://eic.ec.europa.eu/index_en


◆Multiverse Computing社

https://www.multiversecomputing.com/


◆Multiverse社のニュースリリース

https://www.businesswire.com/news/home/20211216006267/en/Multiverse-Computing-Awarded-%E2%82%AC12.5-Million-14.2M-USD-in-New-Funding-from-European-Innovation-Council




(翻訳:Hideki Hayashi)

提供:Quantum Computing Report


タグ: