Microsoft:Azure Quantum Serviceに、 Pasqalの中性原子と、IonQの Ariaプロセッサーを追加予定

2つの別々の発表があった。Pasqalと IonQ それぞれが、自社の最新プロセッサをMicrosoftのAzure Quantumサービスに追加するという。


Pasqal は、2022年後半に中性原子に基づくプロセッサをAzure Quantumで利用できるようにすることを示した。具体的なプロセッサはまだ決まっていないが、少なくても100量子ビットの搭載、もしくはそれ以上の可能性もあるという。これは、Azure Quantumでサービスされる最初の中性原子ベースのプロセッサとなる。


また、IonQは、Ariaと名付けたもっとも新しいプロセッサをAzure Quantumのユーザーに、近日中に提供すると発表した。同社は、具体的な物理的量子ビット数を明らかにはしていない。しかし、Ariaプロセッサが20個のアルゴリズム量子ビット(#AQ)を備えていることを明かした。そして、アプリケーション志向の業界標準であるベンチマークによると、業界内において最も強力な量子コンピュータになるとの見解を示している。IonQの11ビット量子プロセッサは、既にAzureから提供されているが、Ariaはそこに加わることになる。


現在までにAriaは、IonQの設備を通じて、限られた顧客を対象に、プライベートにβテストが実施されている。この点においても、より多くの顧客が使用できるようβテストプログラムの拡大を合わせて発表した。


Pasqal社からのMicrosoftとの新しいパートナーシップに関する発表と、IonQ社からのAriaに関する発表は下記のリンクを参照していほしい。



※参考


◆Azure Quantum

https://azure.microsoft.com/en-us/services/quantum/


◆Pasqal

https://pasqal.io/


◆IonQ

https://ionq.com/


#AQ

https://ionq.com/news/february-23-2022-ionq-aria-furthers-lead


◆standard application-oriented industry benchmarks(アプリケーション志向の業界標準であるベンチマーク)

https://ionq.com/posts/october-18-2021-benchmarking-our-next-generation-system


◆Pasqalのニュースリリース

https://pasqal.io/2022/03/21/pasqal-quantum-computers-coming-to-azure-quantum/


◆IonQ社からのAriaに関する発表

https://ionq.com/news/march-21-2022-ionq-aria-coming-to-microsoft-azure-quantum



(翻訳:Hideki Hayashi)

提供:Quantum Computing Report