Good Chemistry Companyが1Qbitからスピンアウトし、シード資金を獲得

 1QBitの量子シミュレーション部門がスピンアウトし、量子コンピュータの計算化学への活用に特化した「Good Chemistry Company」という独立会社を設立した。メインのプロダクトは、計算化学をサービスとして提供する「QEMISTクラウド」と呼ばれるもので、過去3年間開発が続けられてきたものだ。また、この製品でDow、 Amazon Web Services (AWS)、DIC株式会社、Microsoftと協業していることを発表している。


 そして、Green Sands Equity、Accenture、WorldQuant Venturesからシード資金の獲得も合わせて伝えられた。この企業、およびシード資金に関する詳細は、Good Chemistryが発行したニュースリリース、Accentureが発行した2番目のニュースリリースを参照。



※参考


◆Good Chemistry Company

https://goodchemistry.com/


◆QEMISTクラウド

https://goodchemistry.com/qemist-cloud/


◆Good Chemistryが発行したニュースリリース

https://goodchemistry.com/good-chemistry-company-secures-seed-funding/


◆Accentureのニュースリリース

https://www.businesswire.com/news/home/20220405005275/en/



(翻訳:Hideki Hayashi)

提供:Quantum Computing Report