D-Wave、ユーリッヒ研究所の欧州アクセスにアドバンテージ量子アニーラーを設置

D-WaveとForschungszentrum Jülich(ドイツ研究センターヘルムホルツ協会を親に持つ組織)は、チューリッヒにあるスーパーコンピューティングセンターに、最新のD-Wave Advantage Performance量子アニーラーを設置したと発表した。このマシンは、5,000量子ビットのLeap™量子クラウドベースシステム、および量子アニーラーであり、欧州のユーザは北米以外ではじめて、ユーリッヒ研究所のLeapを通じクラウド上で利用することが可能になる。このLeapとは、D-Waveが開発した量子アニーラーを使用するための動作環境のことである。多くのユーザから、北米ではなく、欧州にある量子コンピュータにクラウドでアクセスできることは、好意的に受け止められているようだ。


また、ユーリッヒ研究センターは、ユーザ施設の新設を発表している。オープンイノベーションを目的としたJUNIQ(Jülich UNified Infrastructure for Quantum computing)をスーパーコンピューティングセンター内に新設し、統一された量子コンピューティングプラットフォームとして用意するとともに、ユーザサポートや共同ソフトウェア開発のためのコンピテンシーを提供する。2019年10月から建設中のJUNIQ施設には、さまざまな種類の量子コンピュータやシミュレータの設置を見込んでいる。さらにJUNIQは、ユーザが量子技術や量子応用を理解するための専門知識を身につけるための、様々なトレーニング、ワークショップ、サマースクールといったイベントを開催する予定だ。この発表に関する追加情報は、下記のプレスリリースと、2022年1月17日の発表式典の録画などを紹介するいくつかのウェブページを参照のこと。



※参考


◆D-Wave

https://www.dwavesys.com/


◆D-Wave Advantage Performance量子アニーラー

https://www.dwavesys.com/solutions-and-products/systems/


◆Jülich Supercomputing Centre (JSC)

https://www.fz-juelich.de/ias/jsc/EN/Home/home_node.html


◆JUNIQ

https://www.fz-juelich.de/ias/jsc/EN/Expertise/JUNIQ/_node.html


◆プレスリリース

https://www.globenewswire.com/news-release/2022/01/17/2367897/0/en/D-Wave-and-Forschungszentrum-J%C3%BClich-Launch-First-In-Region-Commercial-Quantum-Computer-for-European-Access.html


◆発表式典の紹介

https://juelich-quantum.de/en/programme.html



(翻訳:Hideki Hayashi)

提供:Quantum Computing Report


タグ: