ColdQuanta社の100量子ビットコンピューター「Hilbert」が、Strangework社のBackstage Passプログラムでアクセス可能に

ColdQuanta社の、冷却原子を使用した100量子ビットの量子コンピュータ(コードネーム:「Hilbert」)については、昨年7月の記事で詳細を紹介した。今回、Strangework社の「Backstage Passプログラム」を通じて、2022年第1四半期に早期のベータアクセスが利用可能になると発表された。Backstage Passプログラムとは、一部のユーザーに新しいマシンへの早期アクセスを提供する試みのことだ。このマシンは、IBMのEagleプロセッサーと同様に、「思春期サイズ」の量子コンピューターと呼ばれている。思春期量子コンピュータは、古典コンピュータでシミュレートできる範囲よりも、多くの量子ビットを持っているが、それらが現実に量子優位性をサポートできるどうかは、品質レベルや他の要因に依存するものであり、まだ知ることはできていない。



※参考


◆昨年7月の参考およびHilbertの詳細記事

https://quantumcomputingreport.com/coldquanta-announces-a-100-qubit-processor-with-customer-availability-later-this-year/


◆「Hilbert」のBackstage Passプログラムへの参加に関するプレスリリース

https://strangeworks.com/newsroom/coldquanta-announces-hilbert-quantum-computer-on-strangeworks


◆StrangeworkのBackstage Passプログラムについて、以前の記事

https://quantumcomputingreport.com/strangeworks-announces-a-backstage-pass-program-for-early-access-to-the-newest-technology/


◆「Hilbert」にアクセスするためのBackstage Programへの申し込み

https://strangeworks.com/backstage/respect




(翻訳:Hideki Hayashi)

提供:Quantum Computing Report