JPモルガン、東芝、Ciena:QKDで保護されたブロックチェーンアプリケーションのデモを実施


[ ブロックチェーンアプリケーションのテスト構成。出典:JPMorgan Chase、東芝、Ciena ]


JPモルガン・チェース、東芝、Cienaの研究チームは、70kmの光ファイバーケーブルで量子保護ブロックチェーンアプリケーションを実証した。今回のデモでは、DWDM(高密度波長分割多重)技術により、1本の光ファイバーケーブルでQKD(量子鍵配送)1チャンネル、800ギガビット/秒(Gbps)2チャンネル、100ギガビット/秒8チャンネルの多重化を実現している。QKDチャネルは、AES(Advanced Encryption Standard)アルゴリズムのAES-256を、1鍵/秒のリフレッシュレートで最大258個供給し、800Gbpsおよび100Gbpsチャネルは、QKDチャネルから供給されたAES鍵を使って暗号化されたデータを伝送するために使用された。


追加のテストとして、距離を100kmに延長してテストを行ったが、距離が長くなると量子ビット誤り率(QBER)が大幅に増加し、秘密鍵率が大幅に低下したようだ。


本実験の詳細については、JPモルガン・チェース社が提供するニュースリリースを、本実験の詳細を記したテクニカルペーパーも合わせて参照してほしい。



※参考


◆JPモルガン・チェース社が提供するニュースリリース

https://www.jpmorganchase.com/news-stories/jpmc-toshiba-ciena-build-first-quantum-key-distribution-network


◆本実験の詳細を記したテクニカルペーパー

https://www.jpmorganchase.com/content/dam/jpm/cib/complex/content/technology/publications/qkd-research-prototype-project-5-1.pdf



(翻訳:Hideki Hayashi)

提供:Quantum Computing Report