aQuantum、QuantumPathプラットフォームとAmazon Braketを統合



 aQuantum QuantumPathは、量子アルゴリズムの作成、テスト、展開、再利用を提供する量子ソフトウェア開発、およびライフサイクル・アプリケーション・プラットフォームである。ハードウェアに依存しない形で、古典的ワークロードと量子ワークロードの両方をサポートし、今回、既にサポートしている他の多くのハードウェアプラットフォームや量子シミュレータに、Amazon Braketを追加した。


 QuantumPathはモジュラー・アーキテクチャを採用しており、拡張性があり、パイプラインを通じてサードパーティソリューションの統合をサポートする。また、ゲート型と量子アニーリングプロセッサの両方で使用できるグラフィカル・ユーザーインターフェースを備えており、ユーザーは量子アルゴリズムの構築と実行を迅速に行うことが可能となる。QuantumPathを利用することで、ユーザーが量子アルゴリズムの開発・統合に要する時間は、ゲート型デバイスで約70%、アニーリングデバイスで約85%、それぞれを短縮できるという。


 Amazon Braketへの対応に関する詳細は、このブログで、QuantumPathプラットフォームに関する詳細は、こちらのWebページで確認できる。



(翻訳:Hideki Hayashi)

提供:Quantum Computing Report

タグ: