欧州、革新的なオープン修士号「量子技術」の誕生

By Dr. Terrill Frantz, Harrisburg University



QTOM(Quantum Technology Open Master)(リンク:https://qtom.qtedu.eu/)プロジェクトは、欧州の修士課程の学生に、世界30ヶ国を超えるトップ学術機関の支援を受けて、量子技術教育の受講機会を提供している。QTOMはEU Quantum Flagship (リンク:https://qt.eu/)のパイロット・プロジェクトであり、大学院レベルのECTS (European Credit Transfer System) 単位を取得するための学習機会、リモート・コース、研究プロジェクトの広範なポートフォリオをコーディネートしている。


本プロジェクトの一般公開は、2021年12月6日 (月) 16:00 CET/10:00 US/Easternを予定していて、すべての関係者が出席するよう招待されている。オンラインイベントの詳細と登録リンクについては、https://qtom.qtedu.eu/launch-event/を参照。


QTOMは、欧州各地の修士課程の学生に、量子技術の多様で重要な分野を学ぶ機会の提供とともに、それぞれの分野の専門家から貴重な研究経験を得る手段の提供を目的としている。学生、職員、教員がこのプログラムに参加することができる。また学生、教職員を問わず、共有コース、ワークショップやイベント、教育機関ネットワークによるゲスト講義など、柔軟なプログラムが提供されている。2022年1月からは、最先端の量子技術研究に実際に触れることができるように、リモートと対面の両方で、大規模なインターンシップ・プログラムが開始される(資金面でのサポートあり)。


QTOMのユニークな点として、学生の成果に焦点を当てていることがあげられる。パートナー機関は,このプログラムで実施されたコースやプロジェクトのECTS認定を行っており,学生は,学習・研究モジュールを自分の修士課程(論文プロジェクトを含む)に組み込むことが可能だ。さらに将来の量子人材に必要な教育要件を満たした「European Competence Framework for quantum technologies」(リンク:https://op.europa.eu/en/publication-detail/-/publication/93ecfd3c-2005-11ec-bd8e-01aa75ed71a1/language-en)を試行している。




(翻訳:Hideki Hayashi)

提供:Quantum Computing Report





タグ: