DELL社が、ハイブリッド(量子・古典)のソリューション・テストを実施、IonQ社と提携

9月には、Dell社が量子コンピューティングに関し、はじめの一歩を踏み出したという記事を書いた。ラック型の「Dell EMC PowerEdge R740xd」を使用し、エミュレーターには、IBM Quskitを採用したという内容。


今回は第二のステップとして、同社のサーバと、IonQの、量子シミュレータ(vQPU(virtual Quantum Processing Unit)とも呼ばれる)、およびイオントラップ型量子コンピュータの実機それぞれに対し、どのように統合できるかをテストした。ブログ記事のタイトルには「オンプレミス」とあるが、これはvGPU(仮想GPU)を使用した場合に限られ、メリーランド州にある、IonQの実際のQPUは、リモートでの使用になる。ただし、今回のソリューションでは、通常のジョブキューをバイパスして、プログラムをIonQのリモートQPUに直接送信・実行することができるため、多少のパフォーマンス上のメリットがある。


IonQのロードマップでは、2023年にラックマウント型のマシンを開発する予定になっており、その場合には完全にオンプレミスでの開発が可能になるだろう。今回、IonQとの提携を決めた要因としては、IBMが、競合するラック型サーバーを販売しているのに対し、IonQには競合製品がないという点がある。両社の提携に関する発表は、Dell Technology社のウェブサイトに掲載されているブログ記事を参照。


※参考

◆9月の記事

https://quantumcomputingreport.com/dell-takes-first-leap-into-quantum-utilizing-an-ibm-qiskit-runtime-emulator-platform/


◆IonQ社ロードマップの申請ページ

https://quantumcomputingreport.com/ionq-unveils-its-hardware-roadmap-and-another-quantum-computing-performance-metric/


◆今回のDELL社の発表

https://www.delltechnologies.com/en-us/blog/the-importance-of-on-premises-hybrid-classical-quantum-computing/


(翻訳:Hideki Hayashi)

提供:Quantum Computing Report